関連書籍

各書籍の広告画像クリックで詳細ページが表示できます

「山川健次郎」鼎談冊子に 顕彰会、会津若松市教委に寄贈

山川健次郎顕彰会(宗像精会長)は、冊子「山川健次郎を語り継ぐ鼎談(ていだん)~家庭人としての素顔とエピソード」を刊行した。同会は11月30日、会津若松市教委に冊子などを贈呈した。 戊辰150年を記念して、ゆかりの人々を招 […]

コメントなし

「古文書が語る磐城の戊辰史」刊行 磐城平藩の安藤家子孫・平安会

磐城平藩安藤家の子孫でつくる平安会は24日までに、いわきの戊辰戦争に関わった同藩や泉、湯長谷各藩の藩士や地域住民らが記した日記や見聞録などの古文書をまとめた書籍「古文書が語る磐城の戊辰史」を刊行した。 戊辰戦争150年を […]

コメントなし

「北の会津士魂」発刊 藩士子孫・歴史作家の好川之範さん

会津藩士好川之範丞のやしゃごで歴史作家の好川之範(よしかわゆきのり)さん(72)が、北海道で生きた会津人群像を列伝風にまとめた「北の会津士魂」を発刊した。 会津藩最後の筆頭家老梶原平馬や箱館戦争軍資金18万両を運んだ雑賀 […]

コメントなし

漫画本「白河戊辰戦争異聞」作製 古里の歴史を分かりやすく

白河市と白河戊辰150周年記念事業実行委は、白河口の戦いをテーマにした漫画本「THE STONES 白河戊辰戦争異聞」を作製した。同市の白河中央中で18日、完成した漫画本の贈呈式が行われた。 漫画本は、150年前にタイム […]

コメントなし
明治維新というクーデター

明治維新というクーデター / 星 亮一著

  会津人怨念の記録!  欺瞞に満ちた暴力革命に異議あり。 未だに続く長州閥の正体。幕末、テロリスト集団と化した薩長は、尽忠報国の会津藩に「賊軍」の汚名をきせ、悲惨極まる殺戮、乱暴狼藉のかぎりを尽くした。 いた […]

コメントなし

十二歳の戊辰戦争 / 林 洋海 著

戊辰戦争には多くの少年兵が戦場に駆り出された。 彼らは戦争に巻き込まれたわけではない。大人に伍して戦い、兵士として戦場に散った。 二本松少年隊、少年新選組、衝鋒隊少年隊士、長州干城隊少年隊士、会津白虎士中二番隊、会津白虎 […]

コメントなし

改訂新版・幕末から明治に生きた 会津女性の物語 / 歴史春秋社

激動の幕末をたくましく生きた会津女性の一生を詳しく紹介。 写真を交え、多彩な執筆者が送る一冊。 ◎紹介人物 井深八重/おけい/中野竹子/大山捨松/山川二葉/瓜生岩子/メリー・ロレッタ・ダージス・ノグチ/新島八重/海老名リ […]

コメントなし

幕末会津藩 / 歴史春秋社

明治は倒幕の実現によって誕生したが、それは維新と呼べるものではない。   幕末会津の激動の歴史を新しい視点から、写真をふんだんに用いてビジュアルに紹介。保料正之や藩校日新館についても詳しく掲載。 ◎恐怖の都/会 […]

コメントなし

龍馬を守った新撰組ー禁断の幕末維新史 / 加治将一著

教科書に載せられない歴史がある!様々な日本史のタブーに切り込み、前作『禁断の幕末維新史【封印された写真編】』で明治維新の謎を解き明かした加治将一が、新撰組の謎に迫る! 「坂本龍馬と近藤勇は同志だった」・・・龍馬ファンや新 […]

コメントなし

西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ / 家近良樹著

薩摩藩兵を率いて戊辰戦争で勝利して明治維新最大の功労者となるも、新政府内での征韓論争に敗れて下野し、郷里鹿児島で西南戦争の総指揮官に担がれた西郷隆盛。 今もなお日本史上の人物の中で圧倒的な人気を誇り、「代表的日本人」と見 […]

コメントなし