会津から明治維新顧みる 会津若松で11月23日、歴史文化講演会

戊辰戦争当時の鶴ヶ城福島民友新聞社は11月23日午後1時30分から、会津若松市で歴史文化講演会「戊辰戦争 会津藩と徳川幕府」を開く。

徳川宗家18代当主の徳川恒孝(つねなり)氏と会津藩松平家14代当主の松平保久(もりひさ)氏、NHK解説主幹の柳沢秀夫氏、室井照平会津若松市長、近藤真佐夫(まさお)同市教育委員会文化課主幹が意見を交わし、会津の視点から明治維新を顧みる。

第1部の基調講演では徳川氏が「江戸時代に築かれた日本の基礎」をテーマに講演。漢字文化振興協会長の石川忠久氏が「戊辰戦争の漢詩」を紹介する。

第2部の公開講座は徳川、松平、柳沢、室井、近藤の5氏が「戊辰戦争会津藩と徳川幕府―会津の視点から見た、明治維新を再考―」をテーマに語り合う。

司会は漢字文化振興協会常務理事・事務局長の白石宗靖(むねはる)氏が務める。