【歴史文化講演会・討論】会津若松市長・室井照平氏

◆先人たちの思い語り継ぐ

徳川時代の北方警備や戊辰戦争、上越での幽閉で会津藩士が全国各地で亡くなり、各地にお墓がある。

現地の方々がお墓を守っており、戊辰戦争150年に向けて各地を回っている。

先日は新潟県に行き、お墓を守る方々に感謝を伝えてきた。そして、戊辰戦争での先人たちの苦労もあたらめて感じた。長岡市長にも会ったが、結び付きのある節目に先人の思いを語り継ぐことが大事だと思う。

義に、徳川家に尽くした先人たちの思いをしっかりと受け止め、市長として会津の未来に向けて取り組んでいきたい。