清掃と講演「歴史触れて」 21日に若松、23日に猪苗代で開催

 会津若松法人会(星幹夫会長)は戊辰150年の記念事業として、21日に会津若松市の院内御廟、23日に猪苗代町の会津藩祖・保科正之公墓所で、それぞれ清掃活動と現地歴史講演を催す。いずれも16日まで一般の参加を受け付けている。

 21日は午前6時30分に御廟入口階段前集合。清掃活動の後、午前7時30分から同市教委の近藤真佐夫氏が御廟歴代藩主墓所前広場で「院内御廟・貴重な歴史遺産を未来へ」と題して講演する。

 23日は午後1時30分に土津神社集合。清掃活動の後、午後3時から江花俊和猪苗代地方史研究会長が現地の歴史を語る。参加の申し込みは同法人会(電話0242・22・5821)へ。