色鮮やか「二本松の菊人形」 戊辰テーマ、二本松少年隊など表現

秋の霞ケ城を鮮やかに彩る「二本松の菊人形」=10日、二本松市

日本最大級の菊の祭典、第64回二本松の菊人形は10日、二本松市の霞ケ城公園で開幕し、来場者が色鮮やかな菊の競演を楽しんでいる。11月25日まで。二本松菊栄会の主催。

今年のテーマは「戊辰150年~信義×二本松少年隊」。二本松藩の武士道、戊辰戦争で亡くなった二本松少年隊などを菊人形で表現している。

会場を巡ることで「江戸城無血開城」「奥羽越列藩同盟」「二本松の戦い」など幕末から明治へと変わる時代の流れが分かる展示にもなっている。

時間は午前9時~午後4時。入場料は大人700円、障害者500円、中学生以下無料。問い合わせは二本松市観光課(電話0243・55・5122、平日のみ)、菊人形会場(電話0243・23・5626)へ。