2018年1月

戊辰150年の節目、会津の誇り未来へ 会津若松で歴史講演会

「会津に生まれたことを誇りに思った」「歴史を後世につなぐ意義を再確認できた」。 戊辰150年の節目に合わせた記念事業の幕開けとして28日に会津若松市で開かれた直木賞作家・中村彰彦さんの講演会には500人を超える聴衆が集ま […]

コメントなし

会津藩の栄光と悲劇語る、作家・中村彰彦さん 会津若松、戊辰150年記念講演

戊辰戦争(1868年)から150年を迎え、旧幕府軍の中心勢力・会津藩の本拠だった会津若松市で28日、節目の年の幕開けを記念した歴史講演会が開かれた。 会津藩を題材にした著作で知られる直木賞作家の中村彰彦氏(68)が講師を […]

コメントなし

会津魂、次世代へ みやぎ会津会、戊辰150年シンポ

宮城県内の会津ゆかりの人たちでつくる、みやぎ会津会(須佐尚康(たかやす)会長)主催の「戊辰150年記念シンポジウムin仙台―魂を継ぎ、未来へ」が27日、仙台市青葉区で開かれた。 150年前に戊辰戦争の戦端が、京都の鳥羽・ […]

コメントなし

「大ケヤキ」に戊辰戦争痕跡 町のPRへ 郡山・熱海史談会

郡山市熱海町中山に、戊辰戦争にまつわる市指定天然記念物「中山の大ケヤキ」がある。戊辰戦争150周年を機に、同町の歴史の継承・保存に努める熱海史談会は、このケヤキの周知を通して、同町のPRにつなげたい考えだ。 ケヤキは樹齢 […]

コメントなし

南会津奮戦の歴史見つめ直す 只見で戊辰セミナー

  戊辰戦争150年に合わせ、南会津地方の戊辰の歴史を学ぶ「知られざる南会津戊辰セミナー」が20日、只見町で開かれた。 鶴ケ城(会津若松市)下での激戦の陰に埋もれがちな同地方での奮闘の歴史を見つめ直し、節目の年 […]

コメントなし

「庶民の目線で見る歴史」南会津の戊辰戦争語る・渡部康人氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。 ◆奥会津博物館研究員 渡部康人氏 […]

コメントなし

「まさにラストサムライ」南会津の戊辰戦争語る・五十嵐アツ子氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。 ◆河井継之助記念館ガイド 五十嵐ア […]

コメントなし

「節目を契機に交流事業」南会津の戊辰戦争語る・飯塚恒夫氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。 ◆奥会津只見戊辰150周年記念事業 […]

コメントなし

「自然の美しい地で戦争」 南会津の戊辰戦争語る・高橋盛男氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。 ◆フリーライター 高橋盛男氏 JR […]

コメントなし

新島八重らの回顧談紹介 戊辰戦争の歴史講座、若松の県立博物館

戊辰150年に合わせて昨年9月から全5回で開かれてきた県立博物館(会津若松市)の歴史講座「史料でよむ戊辰戦争」は20日、同博物館で最終回が開かれ、佐藤洋一学芸員が「新島八重の回顧談―『男装して会津城に入りたる当時の苦心』 […]

コメントなし

平潟上陸がテーマ 「いわきの戊辰戦争」紹介、市図書館

いわき市総合図書館は2月25日まで、館内のいわき資料コーナースポット展示で「いわきの戊辰戦争」を紹介している。 今年が戊辰戦争から150年の節目に当たることから、同館所蔵の関連資料を紹介しようと企画した。 「新政府軍の平 […]

コメントなし

会津藩士の娘の半生描く 2月に「流星雨」全編初上演、若松の劇団

会津若松市を拠点に活動するアマチュア劇団「劇団ぴ~ひゃらら」(近藤直宣団長)の第23回定期公演は2月3、4の両日、同市の会津稽古堂で開かれる。 戊辰150年に合わせ、会津藩士の娘の半生を題材にした「流星雨」の全編が初めて […]

コメントなし

紀州の恩…会津藩士・山川浩助ける 鳥羽・伏見の戦い後の資料

「150年前の絆を契機に新たな交流を始めよう」。1868(慶応4)年1月に京都で始まった戊辰戦争の端緒「鳥羽・伏見の戦い」で敗れ、紀州(現在の和歌山県)に逃れた会津藩士・山川浩を助けた地元住民の子孫が16日、明治時代にな […]

コメントなし

会津藩士埋葬の「古文書」展示 会津若松、まなべこで新収蔵・公開史料展

会津若松市歴史資料センター「まなべこ」の企画展「新収蔵・公開史料展」は13日、同センターで始まった。本年度新たに収蔵したものや、調査研究をする中で新たな発見があった史料が速報的に展示されている。2月18日まで。 江戸時代 […]

コメントなし

純米酒「新選組 三番隊組長 斎藤一」発売 戊辰150周年でJR東日本、榮川酒造が製造

戊辰戦争から150年になるのに合わせ、JR東日本は2日、日本酒「戊辰150周年 会津藩御預かり 新選組 三番隊組長 斎藤一 純米酒辛口」を発売。福島県と宮城県のJR駅構内の土産店などで、300ミリリットル瓶のみを販売する […]

コメントなし

「戊辰150年」で専門窓口 福島県が方針、関係市町村と連携強化

福島県内各地が戦場となった戊辰戦争の勃発から150年を迎えることを踏まえ、県は、会津若松市など激戦地となった自治体が計画する記念事業などを支援するため、庁内に「戊辰150年」の専門窓口を設置する。 内堀雅雄知事が、福島市 […]

コメントなし