2018年10月

教育を通して人づくり、今の会津がある 柳沢秀夫さん力説

会津出身の東京在住者らでつくる「会津会」会長の柳沢秀夫さん(65)=会津若松市出身=は14日、同市の会津若松ワシントンホテルで講演した。戊辰戦争後の会津人たちの足跡に触れ「つらい時代に、教育を通して人をつくってきた。だか […]

コメントなし

武器の差から見る戊辰戦争 渡部由輝さん解説、二本松で基調講演

二本松市戊辰150年事業の二本松戊辰戦争歴史シンポジウムは13日、同市で開かれた。「数学者が見た二本松戦争」の著者渡部由輝さんが基調講演し、兵器の性能を示す数字などを基に二本松における戊辰戦争の模様を解き明かした。 渡部 […]

コメントなし

「小千谷談判」の場見学 会津史談会、新潟の戊辰史跡巡る

戊辰150年を記念し、「会津藩士慰霊の旅」として11、12の両日に新潟県の長岡、小千谷、上越各市などを訪れた会津史談会(成田勝義会長)研修部。ゆかりの地を巡った会員ら26人は先人の苦労に思いをはせた。 長岡市では、長岡藩 […]

コメントなし

異郷の地に眠る会津藩士しのぶ 新潟を訪問、史談会が墓参

会津の郷土史研究などに取り組む「会津史談会」(成田勝義会長)は11、12の両日、戊辰150年に合わせて新潟県上越市などを訪れた。同市では戊辰戦争で降伏後に高田藩預かりとなり、異郷の地で死亡した会津藩士らが眠る「会津墓地」 […]

コメントなし

小冊子「会津戊辰戦争における悲劇の人々」を発行 会津若松の佐々木さん

戊辰150年に合わせ、会津史談会相談役の佐々木善孝さん(78)=会津若松市=は9日までに、小冊子「会津戊辰戦争における悲劇の人々」を発行した。 佐々木さんは2000(平成12)年に金融機関を退職後、地元の同市での史跡巡り […]

コメントなし

会津藩に「愚直さ」あった 会津、越後、長州が歴史認識で意見交わす

戊辰戦争に関わりが深い会津、越後、長州の3地域によるフォーラムが6日、新潟市で開かれた。パネリスト3人がそれぞれの立場から歴史認識について意見を交わした。 會津藩校日新館(会津若松市)の宗像精館長、東軍として戦った長岡藩 […]

コメントなし

奥羽越列藩同盟の活動解説 県立博物館で講演会

会津若松市の県立博物館で2日までに、企画展「戊辰戦争150年」に合わせ、「仙台藩と奥羽越列藩同盟」と題した講演会が開かれ、来場者が戊辰前後の東北地方の政治史について理解を深めた。 水野沙織仙台市博物館学芸員が講演。東北以 […]

コメントなし

「新選組赤べこ」参上! 背中に「誠」の文字、ファンに人気

  背中に「誠」の文字が大きく書かれた羽織を着た「新選組赤べこ」が会津若松市七日町の七日町観光案内所で販売され、ファンの人気を集めている。 新選組は会津藩主・松平容保(かたもり)が京都の治安を守る京都守護職を務 […]

コメントなし

幕末の歴史に思い 戊辰戦争「越後口の攻防」戦地巡る、西会津などでツアー

戊辰150年に合わせ西会津町などで9月29日、会津戦争越後口の攻防が繰り広げられた戦地跡を巡るツアーが行われ、参加者が幕末の歴史に思いをはせた。 戊辰戦争の中でも、あまり知られていない越後口の攻防を知るツアー。西会津町観 […]

コメントなし