2018年9月

会津藩と新選組の関わり解説 会津若松「飯盛山の夕べ」で講演

戊辰150年に合わせて飯盛山の夕べ実行委員会は24日、会津若松市の会津幸泉小法師で「飯盛山の夕べ」を開き、参加した市民らが新選組と会津藩について理解を深めた。 約50人が来場した。戊辰戦争を共に戦った新選組と会津藩とのつ […]

コメントなし

鶴ケ城天守閣の「戊辰150年記念入場券」完成 1500セット限定販売

会津若松市の鶴ケ城などを管理運営する会津若松観光ビューローは10月1日から、戊辰150年記念の天守閣入場券を販売する。 記念入場券は、市戊辰150周年記念事業実行委員会のロゴマークや新政府軍の砲弾を浴びて傷ついた鶴ケ城の […]

コメントなし

戊辰の殉職者を慰霊 会津弔霊義会の秋季祭典

会津弔霊義会は23日、会津若松市の阿弥陀寺と長命寺で秋季祭典を行い、戊辰戦争の殉職者を慰霊した。 阿弥陀寺の祭典には約100人が参列した。合唱礼拝、献茶・献菓に続いて読経を行った。 同会の芳賀公平理事長がこれまでの歩みを […]

コメントなし

激動期の先人を思う 白虎隊士しのび剣舞、墓前秋季祭典

150年前の戊辰戦争で旧幕府軍(東軍)の主力を担った会津藩があった会津若松市で24日、戊辰戦争に関連するさまざまな行事が行われた。節目の年とあって各会場には例年以上に多くの人が参加し、激動の時代を生きた先人に思いを寄せた […]

コメントなし

全国の新選組ファン集結 阿弥陀寺・斎藤一の墓、子孫も参列

150年前の戊辰戦争で旧幕府軍(東軍)の主力を担った会津藩があった会津若松市で24日、戊辰戦争に関連するさまざまな行事が行われた。 幕末の京都で反幕府勢力を取り締まった「新選組」屈指の剣客で三番隊組長も務めた斎藤一(藤田 […]

コメントなし

「奥羽越列藩同盟」時を超え援軍 会津まつり・会津藩公行列

戊辰150年記念「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」は23日、旧幕府軍(東軍)の中心だった会津藩があった会津若松市で行われ、戊辰戦争を再現する約550人がシンボルの鶴ケ城を発着に市街地を練り歩いた。大河ドラマ「八重 […]

コメントなし

綾瀬はるかさん、鈴木梨央さんが時代絵巻を彩る 会津まつり・会津藩公行列

会津若松市で23日に行われた「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」では、女優の綾瀬はるかさんと鈴木梨央(りお)さんが参加し、戊辰150年の節目に繰り広げられた時代絵巻を彩った。 鶴ケ城での出陣式では、大河ドラマ「八重 […]

コメントなし

歴史語り継ぐ 松平保久氏・講演要旨、会津若松で戊辰150年記念式典

会津若松市で22日行われた戊辰150周年記念式典で、会津松平家第14代当主の松平保久(もりひさ)さんは歴史を語り継ぐことの大切さを訴えた。 戊辰戦争で新政府軍に降伏し、容保(かたもり)公は差し出した降伏文書に「幕末の戦は […]

コメントなし

会津藩士の「義」継承 会津若松・戊辰150年式典、記念宣言を発表

戊辰戦争の激戦地となった会津若松市の戊辰150周年記念式典は22日、同市で行われ、旧幕府軍の主力として戦い抜いた先人らに出席者が敬意を表した。会津藩士らが命を懸けて貫いた「義」の思いは今に受け継がれ、会津の人々の奥底に生 […]

コメントなし

綾瀬はるかさんらトークショー 会津若松・戊辰150周年記念式典

「歴史に誇りを持ち、未来につなげていただきたい」。会津若松市で22日行われた戊辰150周年記念式典で、会津松平家第14代当主の松平保久(もりひさ)さんは歴史を語り継ぐことの大切さを訴えた。 続くトークショーでは「会津会」 […]

コメントなし

戊辰150年・佐川官兵衛遺徳しのぶ 会津、熊本顕彰会が碑前祭

幕末の会津藩家老で、戊辰戦争では各地で奮戦、「鬼官兵衛」と恐れられた佐川官兵衛の顕彰碑前祭は22日、会津若松市の鶴ケ城三の丸跡地にある顕彰碑前で行われ、遺徳をしのんだ。官兵衛は西南戦争の際に現在の熊本県南阿蘇村で戦死して […]

コメントなし

全ての戦没者しのぶ 会津若松で「戊辰戦争慰霊の集い」

戊辰戦争の戦没者を敵味方区別なく慰霊する「会津戊辰戦争慰霊の集い」は22日、会津若松市の鶴ケ城北出丸近くの本丸茶屋横に建立された慰霊碑前で行われ、参列者が会津の地に散った先人をしのんだ。 集いは2001(平成13)年から […]

コメントなし

会津藩士の生きざま解説 作家・中村彰彦さん、白河で講演

白河戊辰150周年記念事業として直木賞、中山義秀文学賞などを受賞した作家中村彰彦さんの講演会が22日、白河市で開かれた。中村さんは戊辰戦争を中心に当時の世界情勢、会津藩士の生きざまなどを語った。 「戊辰戦争・西南戦争と福 […]

コメントなし

佐川官兵衛通じ交流 戊辰150年の節目、熊本顕彰会が会津訪問

幕末の会津藩士で、西南戦争の際に熊本県で討ち死にした佐川官兵衛を顕彰している熊本佐川官兵衛顕彰会の興梠二雄(こおろぎつぐお)会長ら10人が21日、会津を訪れた。一昨年の熊本地震で熊本の顕彰碑が壊れた際、会津佐川官兵衛顕彰 […]

コメントなし

会津に出陣!相馬野馬追 「神旗争奪戦」再現、勇壮な戦国絵巻

国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」のメイン行事の一つ「神旗争奪戦」を再現する「野馬追~会津の陣」は17日、会津若松市の鶴ケ城三の丸多目的広場で開かれた。小高郷、標葉(しねは)郷両騎馬会の騎馬武者が背中に挿した旗をなび […]

コメントなし

迫力の演武「會津鶴ケ城古武道祭」 新選組ゆかり、試衛館が初参加

会津若松市のシンボル・鶴ケ城をバックに各団体が武道や江戸時代から受け継がれる古武道の演武を披露する「會津鶴ケ城古武道祭」は17日、開かれた。戊辰150年に合わせ、会津藩と深い関わりがある新選組の局長・近藤勇などが習得した […]

コメントなし

戊辰戦争・熊倉の戦い伝える 史談会、喜多方に看板設置

戊辰150年に合わせ、戊辰戦争・熊倉の戦いを伝えようと、熊倉史談会(山本佑一郎会長)は喜多方市熊倉町の杉ノ下墓地に、同戦いで戦死した佐藤銀十郎や会津藩士中根米七の功績を伝える看板を設置した。 佐藤は上州権田村(現群馬県高 […]

コメントなし

新政府軍、民の心つかむ戦略 福島県立博物館で戊辰戦争学ぶ講演会

県立博物館(会津若松市)で16日、戊辰戦争の新政府軍について学ぶ講演会が開かれ、歴史ファンなどが新政府軍が民衆の支持を得ようと展開した戦略などについて理解を深めた。 約270人が来場。宮間純一中央大文学部准教授が、新政府 […]

コメントなし

二本松少年隊に思いはせ 世界的ダンサー・田中泯さん舞う

俳優としても活躍する、世界的なダンサー田中泯(みん)さんの公演「インカスの伝言―踊り場・弾き場」が15日、二本松市の霞ケ城公園箕輪門で開かれた。 戊辰150年の節目に、田中さんは石組み階段の踊り場を舞台に戊辰戦争で若い命 […]

コメントなし

郡山宿焼失150年 地方史研究家・七海さん「忘れてはならない日」

戊辰戦争で郡山宿の多くが焼失した出来事から16日で150年の節目を迎える。郡山市田村町の地方史研究家・七海晧奘(こうそう)さん(76)は「忘れてはならない日」と思いを語る。 七海さんは、2008(平成20)年に「隠された […]

コメントなし

記者目線で戊辰再考 日本記者クラブ、白河や会津若松を巡る

日本記者クラブの戊辰戦争150年会津若松・白河プレスツアーは14日、会津若松、白河両市で始まった。ツアーにはジャーナリストやマスコミ関係者ら17人が参加。戊辰戦争ゆかりの地を視察し、記者目線で同戦争について再考している。 […]

コメントなし

会津戦争の地ツアー 桑名信用金庫の旅行団、戊辰150年に合わせ

桑名信用金庫(三重県桑名市、中沢康哉理事長)の取引先でつくる旅行団一行が、戊辰150年に合わせた特別ツアーで会津地方などを訪れた。桑名信金は、昨年9月に会津信金(会津若松市、星幹夫理事長)と広域交流事業に関する覚書を締結 […]

コメントなし

会津藩士らしのぶ 戊辰150年、喜多方で「熊倉の戦い 顕彰祭」

戊辰150年に合わせ、喜多方市熊倉町付近で起きた戊辰戦争の熊倉の戦いで奮闘した佐藤銀十郎や会津藩士中根米七らをしのぶ「熊倉の戦い 顕彰祭」は11日、同市の杉ノ下墓地で営まれ、参列者が遺徳をしのんだ。 熊倉史学会(山本佑一 […]

コメントなし

勢津子さまの功績をしのぶ 会津若松で生誕110年記念式典

会津松平家から皇室に嫁いだ秩父宮妃勢津子さまの生誕110年、昭和天皇の弟・秩父宮雍仁(やすひと)親王との成婚90周年に合わせた記念式典「重陽祭」が9日、会津若松市の国指定名勝会津松平氏庭園御薬園の重陽閣で行われ、参列者が […]

コメントなし

中野竹子らの冥福祈る 「護領の若竹」歌い、花と茶を献じる

戊辰戦争で敵弾に倒れた中野竹子の墓前祭と殉難者慰霊祭は10日、竹子の墓がある会津坂下町の法界寺で営まれ、参列者が竹子らの冥福を祈った。小竹会、町戊辰の役殉難者顕彰会の主催。 会員が竹子の歌「護領の若竹」を歌い、花と茶を献 […]

コメントなし

長岡藩士の霊慰める 戊辰150年、会津若松で「殉節弔霊祭」

戊辰戦争で会津に転戦し、命を落とした長岡藩(新潟県)の藩士らの霊を慰める「長岡藩士殉節弔霊祭」は9日、会津若松市の本光寺で営まれた。参列者は戊辰150年の節目に、義を貫いた藩士らに思いを寄せた。 同寺がある飯寺村(現・会 […]

コメントなし

幕末に思いはせ 会津美里で戊辰ゆかりの地巡るツアー

戊辰150年に合わせた、会津美里町教委の「戊辰戦争ゆかりの地を巡るバスツアー」は6日、町内のゆかりの地7カ所を巡るコースで行われ、約80人の参加者が幕末激動期の歴史に思いをはせた。 同町は戊辰戦争時、各街道沿いでは、城下 […]

コメントなし

「義の思い」込め植樹 鶴ケ城公園にサクラ苗木、東北電力グループ

東北電力会津若松支社(会津若松市、二坂広美支社長)と会津地域に立地する同社のグループ企業11社は4日、同市の鶴ケ城公園で戊辰150年記念植樹式を行い、関係者らがオオヤマザクラの苗木を植樹した。記念植樹を通して、歴史的意義 […]

コメントなし

白虎隊士に思いはせ 会津若松で「戊辰150年 日新館の集い」

会津若松市の會津藩校日新館は1日、同館で「戊辰150年 日新館の集い~會津武士道精神を今に伝える白虎隊士を偲ぶ」を開き、来場者が若くして会津の地に散った白虎隊士に思いをはせた。 約20人が来場した。集いでは、宗像精館長が […]

コメントなし

河井継之助の生き様語る 元NHKアナウンサー・国井さん講演

奥会津只見戊辰150周年記念事業実行委員会(飯塚恒夫会長)は1日、只見町の季の郷湯ら里で特別講演会を開き、参加者が戊辰戦争について理解を深めた。 只見町は、戊辰戦争時、長岡藩家老の河井継之助が最期を迎えた場所。河井を中心 […]

コメントなし