史実残し絆を強く、会津人の思い萩で伝え 日新館長・宗像さん

「会津と長州が仲直りすると史実
を消してしまう。史実を後世に残し
た方が会津と長州の結び付きが
深くなる」と熱弁を振るう宗像さん

 

来年の戊辰150年の節目を前に、會津藩校日新館(会津若松市)の館長を務める宗像精(ただし)さん(84)が26日、戊辰戦争で会津藩の敵だった長州藩の城下町・山口県萩市を訪問し「戊辰150年の会津人の思い」と題して講演した。

宗像氏は個人的見解と前置きした上で「会津と長州が仲直りするのは、史実を消すことになるのでできない」とし「逆に史実を後世に残して結び付きを深めて交流してはどうか」と語った。

講演を企画したのは長州と会津の和解を模索する民間団体「長州と会津の友好を考える会」(萩市)。戊辰戦争の深い傷痕がいまだ残ることから、宗像さんは当初講演の依頼に戸惑った。だが、藩主の助命嘆願や会津藩士の子弟2人(山川健次郎、小川亮)の教育で長州藩士の力を借りたことへのお礼の意味も込め、引き受けた。

会津藩士の子弟の規範として受け継がれた「什(じゅう)の掟(おきて)」に代表される会津藩の倫理観や、戊辰戦争後の会津藩士の苦労、賊軍扱いを受けた会津人の気持ちを伝えた。宗像さんは「もう恨みつらみを言うのは駄目。会津藩の教えなど倫理観や平和を発信すべきだ」とし「会津と長州の子どもたちがもっと交流できるようになればいい」と提案した。

考える会代表の山本貞寿さん(78)=萩市=は「会津と長州との和解を考えてはいない。ただ、会津の人々の思いを知らなければ関係を前に進めることはできない。交流を活発にできたら」と語った。聴講した前萩市長の野村興児さん(73)は「『和解はできないが、交流はできる』でいい。今後も交流を続けていきたい」と話した。