『祈りと仁』の精神アピール 2種類の記念ピンバッジ、白河戊辰150周年実行委

販売されている2種類の記念ピンバッジ

来年の戊辰戦争150年を前に、白河市の白河戊辰150周年記念事業実行委員会は8日までに、記念ピンバッジの販売を開始した。

白河市民に受け継がれてきた”祈りと仁”の精神を県内外にアピールする。

バッジは陣羽織の形にヒガンバナがあしらわれたデザインと西軍が恐れた遊撃を得意とする「十六ささげ隊」をモチーフにした2種類。

同市役所で各350円、2個セット600円(いずれも税込み)で取り扱っている。

同実行委は「両軍分け隔てなく供養された白河の地の歴史的意義を知ってほしい」と語った。

問い合わせは同実行委(電話0248・22・1111)へ。