「自然の美しい地で戦争」 南会津の戊辰戦争語る・高橋盛男氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。

◆フリーライター 高橋盛男氏

JR東日本の新幹線車内サービス誌「トランヴェール」昨年11号に奥会津の戊辰戦争について執筆した。

最初は南会津での戦闘のことを知らなかった。取材し驚くことばかりだった。

田島陣屋奪還戦のころから会津藩兵がほとんどいなくなったため、会津を守る戦いなのに会津藩の統制が効いていない状況になった経緯などは興味深い。

自然の美しい南会津で戦争があったことを知ってほしい。