「まさにラストサムライ」南会津の戊辰戦争語る・五十嵐アツ子氏

只見町の只見振興センターで開かれた「知られざる南会津戊辰セミナー」では、パネリスト4人が会津地方を中心とする戊辰戦争に関わった当時の人々の思いや現代に与えた影響などについて語り合った。

◆河井継之助記念館ガイド 五十嵐アツ子氏

 戊辰戦争で敗れた長岡藩の避難民が只見方面に逃れる際、八十里越では大変苦労した。戦争は女や子ども、老人が犠牲になる悲劇的なものである。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」といわれるが、会津藩や長岡藩は決して賊軍ではない。只見で亡くなった長岡藩家老の河井継之助は最期まで会津との同盟に忠義を尽くしている。

まさにラストサムライであり、ガイドをすることに誇りを持っている。