会津藩の栄光と悲劇語る、作家・中村彰彦さん 会津若松、戊辰150年記念講演

会津藩の栄光と悲劇を語る中村さん

戊辰戦争(1868年)から150年を迎え、旧幕府軍の中心勢力・会津藩の本拠だった会津若松市で28日、節目の年の幕開けを記念した歴史講演会が開かれた。

会津藩を題材にした著作で知られる直木賞作家の中村彰彦氏(68)が講師を務め、聴衆500人超が会津藩の栄光と悲劇に思いをはせた。市と市戊辰150周年記念事業実行委員会の主催、福島民友新聞社などの後援。

中村氏は会津藩の歴史や戊辰戦争の意義について講話。幕府や天皇に忠義を尽くして戦い続けた会津藩について「孝明天皇の厚い信頼を得ており、決して朝敵ではなかった」と正当性を主張した。

冒頭、室井照平市長が「節目を機に将来世代に歴史を語り継ぐことも責務」とあいさつした。