「会津の偉人・先人50選」手ぬぐい作製 戊辰150年で会津若松商議所

「会津の偉人・先人50選」手ぬぐい作製 戊辰150年で会津若松商議所

会津若松商工会議所醸造・食品製造部会(新城猪之吉部会長)は20日までに、戊辰150年に合わせて「会津の偉人・先人50選 手ぬぐい」を作製した。

節目の年に合わせて会津の歴史をより深く知り、先人の苦労や知恵、心を学び現代に生かす温故知新の精神が重要との思いから、300本を作製した。

会津を治めた戦国武将・葦名盛氏や、会津清酒や会津漆器などの殖産政策に努め、会津発展の礎を築いた会津領主・蒲生氏郷、戊辰戦争時の家老、会津藩士、世界的な医学者・野口英世ら50人の名前が並ぶ。

会津の偉人・先人は約3千人いるとされるが、サイズの関係で同部会が50人を選んだ。同部会は「偉人・先人たちから学ぶことはたくさんある。思いを継承し、自身の成長と次世代へ伝えていく担い手のたすきとして活用してほしい」としている。