純米酒「新選組副長 土方歳三義豊」発売へ 戊辰150周年でJR東日本

新選組の土方歳三をテーマとした日本酒

JR東日本東北総合サービスは7日、戊辰戦争150年に合わせて、新選組副長の土方歳三をテーマとした特別純米酒「会津藩 松平肥後守御預(まつだいらひごのかみおあずか)り 新選組副長 土方歳三義豊」の発売を発表した。発売日は10日。初回製造は2000本。製造は榮川酒造(磐梯町)。

新選組の斎藤一や新選組をテーマにした日本酒に続く第3弾。会津産の酒米「美山錦」を使い、清らかな飲み口で「やや辛口」の日本酒に仕上げた。土方歳三の写真をラベルデザインに使用した。

森(郡山市)とJR東日本東北総合サービスが企画協力した。300ミリリットルで1000円(税込み)。会津若松、郡山、福島各駅のお土産店などで販売する。問い合わせは同社仙台支店(電話080・2802・3334)へ。