古式砲術や太鼓演奏 二本松でふくしま城フェスタ

披露された相馬中村藩古式砲術の演武

「戊辰から150年。歴史を知る・見る・学ぶ」をテーマにしたふくしま城フェスタ二本松大会は28日、二本松市の霞ケ城公園などで開かれ、アトラクションやパネルディスカッションなどが行われた。県城下町連絡協議会の主催。

同公園でのアトラクションでは、奥州白河太鼓の太鼓演奏、会津白虎隊演舞、相馬中村藩古式砲術が繰り広げられた。

県男女共生センターに会場を移し、講談師の宝井琴桜さんが講談「二本松少年隊物語」を披露。「ふくしまと戊辰戦争―二本松・会津・白河」をテーマにしたパネルディスカッションでは、郷土歴史家の根本豊徳さんと石田明夫さん、植村美洋さんが意見を交わした。