二本松市と白石市、さらなる交流誓う 「奥羽越列藩同盟」ゆかり

交流を誓い握手を交わす三保二本松市長(右)と山田白石市長

二本松市の三保恵一市長は11日、宮城県白石市に山田裕一市長を表敬訪問し、戊辰戦争時に新政府軍に対抗するため東北と越後の諸藩で結成された「奥羽越列藩同盟」にゆかりのある自治体同士として、戊辰150年を機に一層の交流を誓った。

両市長は同盟を結成するきっかけになった白石会議が開かれた白石城で、同会議の開催日に合わせて対面。二本松市の岳温泉観光協会戊辰150年記念事業委員会(佐藤朋圭委員長)が企画した白石会議ゆかりの地を巡る研修ツアーを同時に行った。

両市長は陣羽織を着て対面した。三保市長が「白石市と交流連携を深めながら、将来に向かって発展させたい」、山田市長が「歴史を振り返り、再確認し、未来へこの歴史を継承したい」とそれぞれあいさつ。のぼり旗と地酒を交換し、握手を交わした。