会津藩士の最古級「弔文」 子孫宅で発見、明治23年・法要の6点

会津藩の戦死者を弔う「二十三回忌」で読み上げられた弔文6点

戊辰戦争で敗れ、青森県下北半島などで「斗南(となみ)藩」として再興した会津藩。廃藩置県で藩の消滅後の1890(明治23)年、藩庁が置かれた現青森県むつ市の円通寺で、旧藩士やその家族によって会津藩の戦死者を弔う「二十三回忌」が行われた。この時に読み上げられた弔文6点が15日までに、会津藩士の子孫方から見つかった。専門家は、戊辰戦争に伴う会津藩の弔文としては最古級で、当時の人々の考えが分かる点で貴重とした。

◆戦死者を「義士」と記述

会津藩の500石取りの上級武士・小池家の子孫で、13代目に当たる仙台市の小池純一さん(70)方で発見。3月23日、自宅の古だんすを整理したところ風呂敷包みから出てきたという。小池さんは会津藩を研究し、複数の関連団体に所属する歴史愛好家。「まさか自宅に未発見史料があるなんて」と驚き、「戊辰150年の節目に先人の気持ちをあらためて考え直した。内容も涙を流さずにはいられない」と弔文を見つめた。

弔文は1890年5月1日、円通寺で行われた二十三回忌で「松本素水」「山田定三」「田中はつ」「橋爪陽」「二瓶たけ子」「小杉里」の6氏が読んだ。会津藩の悲惨な歴史を振り返り、戦死者の名誉をたたえている。山田定三は「諸君の身は死んでも名は滅しない」、松本素水は「賊名は滅せられ、後世の人々の模範」とたたえる。高齢の田中はつは「嘆いてもどうすることもできず、亡き人のみたまを慰めるだけ」と吐露している。

県立博物館(会津若松市)の阿部綾子主任学芸員は「戊辰戦争の記憶が鮮明な人が当時を振り返り、気持ちをまとめている点が興味深い」とする。戦死者を「義士」「忠義」「義節」などと表現しており、「『義』のために戦った共通認識がはっきりと読み取れる」と指摘した。

◆小池家10代目が保管か

小池家は戊辰戦争に翻弄(ほんろう)された。9代目の小池勝吉は「鳥羽伏見の戦い」、8代目の小池繁次郎も猪苗代湖畔で戦死した。わずか11歳の小池漸(すすむ)(勝吉の弟)が10代目となり下北半島に移住。田名部町(現むつ市)の町議を務め、牧畜や鉄道開設に尽力し、青森県内に残った会津人の中心人物となる。このことから小池漸が二十三回忌に深く関わり、弔文が保管されたとみられる。

青森県の会津人の子孫らでつくる斗南會津会の木村重忠顧問(78)=大間町=は「青森県内でも見たことのない史料」とし、山本源八会長(74)=むつ市=は「先人をしのぶため会報に掲載できれば」と準備を始めた。小池さんは「弔辞を読んだ6人の子孫に弔文を返したい」と子孫捜しに取り掛かっている。