新選組テーマの日本酒発売へ 会津産「美山錦」使用、限定1000本

新選組をテーマとした日本酒「戊辰150周年 会津藩 松平肥後守御預り 新選組 誠」

JR東日本東北総合サービス(仙台市)は19日、戊辰150年に合わせ、新選組をテーマとした日本酒「戊辰150周年 会津藩 松平肥後守御預(まつだいらひごのかみおあずか)り 新選組 誠(まこと)」を発売すると発表した。発売日は25日で、限定1000本。製造者は榮川酒造(磐梯町)。

新選組の斎藤一をテーマとした日本酒を1月に販売したのに続く第2弾。会津産の酒米「美山錦」を使った純米吟醸「會津あかべぇのお酒」を使用し、白虎隊記念館所蔵の新選組袖章の実写画像をラベルデザインに使用した。森(郡山市)とJR東日本東北総合サービスが企画協力した。

720ミリリットルで2200円(税込み)。会津若松、新白河、郡山、福島各駅の店舗やエスパル福島店(福島市)などで販売する。問い合わせは榮川酒造へ。