会津若松・飯盛山で墓前春季祭典 白虎隊士しのび「剣舞」披露

白虎隊士の墓前で剣舞を奉納する会津高剣舞委員会の男子生徒

戊辰戦争で散った会津藩戦死者の慰霊や藩士の顕彰を行う会津弔霊義会(芳賀公平理事長)は24日、会津若松市の飯盛山で白虎隊士墓前春季祭典を行い、郷土を守るため若い命を犠牲にした白虎隊士をしのんだ。

戊辰150年という節目を迎え、白虎隊士の遺族を含め大勢が参列した。

献茶・献菓や祝詞奏上に続き、芳賀理事長が「会津の危機に際し身をていして戦い、命を落とした白虎隊をはじめとする少年たちに心を痛める。愚直に生きた会津武士の精神を後世に伝えていかなければならない」と祭文を読み上げた。参列者が次々に玉串をささげた。

剣舞奉納では、白虎隊士と同年代の会津高剣舞委員会による剣舞が披露された。飯盛山に墓がある白虎隊士と同じ19人の男子生徒と吟者の生徒(3年)が勇壮な剣舞を披露。

吟者の生徒は「言葉で伝えようと吟者を選んだ。当時の場面を思い浮かべてくれればいいと思う」と述べ、剣舞を見守った同委員長(同)は「一番は気持ち。戊辰150年の節目なので、いつもよりそこに力を入れた」と語った。