戊辰150年で事業企画 福島市が6月議会議案発表

幕末、福島藩3万石の城下町だった福島市は今秋、戊辰150年記念事業を企画している。同市での戊辰戦争に焦点を当て、歴史資産を観光資源として発掘する狙い。23日発表された6月議会に提出する一般会計補正予算案に事業費300万円を盛り込んだ。

同市によると、講演会やパネルディスカッション、戊辰戦争に関係が深い場所での史料展示をはじめ、旧広瀬座(福島市民家園内)を活用した地元劇団による演劇の上映などを予定している。市は「戊辰戦争の歴史を多くの方に知ってもらい、観光誘客にも結び付けたい」とした。