全ての戦没者しのぶ 会津若松で「戊辰戦争慰霊の集い」

先人をしのび献花する真部委員長

戊辰戦争の戦没者を敵味方区別なく慰霊する「会津戊辰戦争慰霊の集い」は22日、会津若松市の鶴ケ城北出丸近くの本丸茶屋横に建立された慰霊碑前で行われ、参列者が会津の地に散った先人をしのんだ。

集いは2001(平成13)年から実行委(真部正美委員長)が開いており、約30人が参列した。真部委員長が戊辰150年の節目を迎えたことに触れ「現在の平和と繁栄が先人たちの犠牲の上に築かれていることを忘れることはできない。戦争から学んだ教訓を心に刻み、平和な日本を次世代に引き継いでいくことが大切だ」と祭文を読み上げ、室井照平市長が追悼の言葉を述べた。芳賀公平会津弔霊義会理事長、目黒章三郎市議会議長があいさつした。

参列者の代表者による献花後、会津藩士の子孫でサックス奏者の木村義満さん=栃木県=が鎮魂の思いを込めて、荒城の月を演奏した。