戊辰の殉職者を慰霊 会津弔霊義会の秋季祭典

祭文を読む芳賀理事長=阿弥陀寺

会津弔霊義会は23日、会津若松市の阿弥陀寺と長命寺で秋季祭典を行い、戊辰戦争の殉職者を慰霊した。

阿弥陀寺の祭典には約100人が参列した。合唱礼拝、献茶・献菓に続いて読経を行った。

同会の芳賀公平理事長がこれまでの歩みを振り返り「今の会津は先人の犠牲に成り立っていることを後世に伝えていかなくてはいけない」とあいさつし、参列者が焼香した。

祭典では会津吟詠会の吟奉納も行われ、参列者が会津戦争の殉職者の遺徳をしのんだ。