新選組局長・近藤勇テーマの日本酒発売へ 戊辰150年でJR東日本

日本酒「近藤勇昌宜 山廃仕込純米原酒」

戊辰戦争150年に合わせ、JR東日本東北総合サービス(仙台市)は23日、新選組局長の近藤勇をテーマにした日本酒「近藤勇昌宜(まさよし) 山廃仕込(やまはいしこみ)純米原酒」を発売する。

初回製造は2000本で、榮川酒造(磐梯町)が醸造した。会津産の酒米を使い、やや辛口に仕上げた。ラベルに近藤勇の写真と、生家の子孫宮川清志さんのメッセージ「取義捨生吾所尊」を使用した。

JR東日本東北総合サービスは「新選組ファンから好評を得ている商品の第4弾。近藤勇の骨太な力強さを感じてほしい」としている。

300ミリリットル入りで税込み1000円。会津若松、郡山、福島各駅の土産店などで扱う。