お知らせ

新選組になりきろう! フォトコンテスト、9月1日から受け付け

戊辰150年に合わせ、会津若松市戊辰150周年記念事業実行委員会は新選組フォトコンテストを行う。参加者は会津ゆかりの近藤勇、土方歳三、斎藤一になりきり、自身を写した写真を応募する。9月1日から衣装の貸し出しと応募の受け付 […]

コメントなし

戊辰150年ロゴ入りグッズ販売 会津若松観光ビューロー

戊辰150年の節目に合わせ、会津若松市のシンボル・鶴ケ城などの管理運営を担う会津若松観光ビューロー(新城猪之吉理事長)は17日までに、市戊辰150周年記念事業実行委員会のキャッチフレーズ「『義』の想い つなげ未来へ―。」 […]

コメントなし

会津藩の役割考える 徳川みらい学会が7月27日に会津若松で講演会

260年以上に及ぶ平和を築いた徳川時代の知恵や歴史的な意義を学ぶ「徳川みらい学会in会津」は7月27日午後1時30分から、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで開かれる。入場整理券の配布が15日までに始まった。 徳川みら […]

コメントなし

白河の歴史に触れて 7月15日に加来耕三さんら招き特別講演会

白河戊辰150周年記念事業実行員会は7月15日、白河市の白河文化交流館コミネスで歴史家の加来耕三さんとNHK・BSプレミアム「偉人たちの健康診断」で知られる渡辺あゆみさんを招き、特別講演会を開催することを決めた。入場無料 […]

コメントなし

戊辰戦争の思い1冊に 会津若松市民有志が記念誌、山口・萩市からも寄稿

会津若松市の市民の有志でつくる戊辰150年記念誌刊行委員会(岩沢信千代委員長)は、「戊辰150年記念『薫蕕(くんゆう)を選びて』」を刊行した。会津のみならず、全国各地の関係者が戊辰戦争に関連して文章を寄せた。岩沢委員長は […]

コメントなし

記念切手を限定販売 戊辰150年、会津藩と長岡藩の歴史デザイン

日本郵便東北支社は18日、戊辰150年を記念したオリジナルフレーム切手の販売を会津の全98郵便局で始める。会津藩と長岡藩に関係した歴史資料を切手のデザインにあしらい、戊辰150年を盛り上げる。 82円切手が10枚付いたシ […]

コメントなし

「オペラ白虎」見に来て 会津若松で7月に再演、チケット販売

会津若松市の會津風雅堂で7月28、29の両日再演される「オペラ白虎」のチケットの販売が始まり、主催者が広く来場を呼び掛けている。地域振興芸術委員会の主催、会津若松市戊辰150周年記念事業実行委員会の共催、福島民友新聞社な […]

コメントなし

5月19日、歴史シンポジウム 「奥羽越列藩同盟」がテーマ

会津若松市戊辰150周年記念事業実行委員会(会長・室井照平市長)と市は5月19日午後2時から、同市の会津大講堂で戊辰150年記念事業の歴史シンポジウム「東北・北陸における戊辰戦争―奥羽越列藩同盟と会津」を開く。4月20日 […]

コメントなし

「いわきの戊辰戦争」解説 5月連続講座の参加者募る

いわき市のNPO法人ワンダーグラウンドと市は5月16日から、市生涯学習プラザで連続講座「いわきの戊辰戦争」を開く。20日から参加者を募集する。 講座は5月16、23、30日の各日、同プラザ大会議室で開かれる。講師はいわき […]

コメントなし

特集展示の図録「一八六八年の会津藩」作製 若松城天守閣郷土博物館

会津若松市のシンボル・鶴ケ城内の若松城天守閣郷土博物館は17日までに、戊辰150年の節目に合わせ、通年で特集展示する戊辰戦争の図録「一八六八年の会津藩」を作製した。 同博物館の収蔵品展、企画展はこの1年、節目に合わせ戊辰 […]

コメントなし