白河の歴史に触れて 7月15日に加来耕三さんら招き特別講演会

白河戊辰150周年記念事業実行員会は7月15日、白河市の白河文化交流館コミネスで歴史家の加来耕三さんとNHK・BSプレミアム「偉人たちの健康診断」で知られる渡辺あゆみさんを招き、特別講演会を開催することを決めた。入場無料。

加来さんは「明治維新まさかの深層」、渡辺さんは「戊辰150年に想う」の題でそれぞれ講演する。鈴木和夫市長を交えたシンポジウムなども実施する。14日には、白河藩主だった阿部家の22代当主正靖さんによる祭文などで進行する東西両軍の合同慰霊祭が行われる。

同実行委の人見光太郎会長は「白河でしかできない合同慰霊祭、特別講演会となっている。多くの人に足を運んでいただき、白河の歴史や文化に触れてほしい」と語った。14日は午後1時30分、15日は正午開演。入場には整理券が必要(配布中)。問い合わせは市役所内の同実行委(電話0248・22・1111)へ。