動乱の舞台・京都編

【維新再考・動乱の舞台】京都編7 急造の錦旗、効果は絶大

戊辰戦争の端緒「鳥羽・伏見の戦い」では旧幕府軍にも勝機があったという。では、なぜ敗れたのか。京都を巡ってきた「維新再考」第2部は、急展開の中でクライマックスへと向かう。 ◆諸藩寝返り慶喜逃亡 京都―大阪間を結ぶ京阪電鉄・ […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編6 兵器に差なく一進一退

「維新再考」第2部・京都編では最初に戊辰戦争の端緒「鳥羽・伏見の戦い」の地を訪れた。改めて資料を読むと、大軍の旧幕府軍が兵器で劣り一方的に敗れたとする通説に対し、実際は旧幕府軍も最新兵器で善戦したという記述を見つけた。い […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編5 『一会桑』勢力が幕政リード

 「維新再考」第2部は、幕末の政局の中心地・京都をたどっている。京都の治安維持を役目とした会津藩は、朝廷と結び付き政治のかじ取り役として歴史を動かした時期がある。「大政奉還」前後の会津藩の動きに焦点を当てた。  旧体制批 […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編4 激流に誠貫いた新選組

幕末の政局の中心地・京都。動乱の地をたどる「維新再考」第2部は今回から、会津藩ゆかりの場所や人々を京都周辺に訪ねる。まずは歴史ファンの多くが思い浮かべる最強の剣客集団「新選組」に焦点を当てる。 ◆「悪役」一転人気者に 不 […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編3 異郷に散った会津武士

幕末の動乱の地をたどる「維新再考」第2部。東京などの会津出身者でつくる「会津会」会長で会津藩士子孫の柳沢秀夫さん(64)=NHK解説主幹=は、幕末のひのき舞台である京都市を歩いている。名刹(めいさつ)・金戒光明寺(こんか […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編2 蛤御門で役目の集大成

幕末の動乱の地に歩を進める「維新再考」第2部。「会津会」会長で会津藩士子孫の柳沢秀夫さん(64)=NHK解説主幹=は、戦乱の着火点となった京都南部から都心の京都御所かいわいへと入り、治安維持に尽くした会津藩の姿を追った。 […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編1(下)内戦に奪われた日常

鳥羽・伏見の戦いのもう一方の舞台で、開戦の地となった鳥羽(京都市伏見区)へ向かう。開戦地は当時の鳥羽街道上で鴨川に架かる小枝橋付近という。橋を渡れば京まで一直線で、直線距離で10キロ足らずだ。 ◆正月から家追われる 旧幕 […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編1(中)町焼かれ夜も明るく

◆老舗料亭銃撃戦の痕 鳥羽・伏見の戦いの舞台・伏見(京都市伏見区)は江戸時代、陸路が集中し、京と大坂を結ぶ水運の拠点だった。 幕府の伏見奉行所や西国雄藩の藩邸もあり、交通の要衝として発展。豊富な地下水を生かして多くの酒造 […]

コメントなし

【維新再考・動乱の舞台】京都編1(上)鳥羽伏見で激戦突入

戊辰戦争から150年の年を迎えた。勝者によって書かれた幕末・明治の歴史のゆがみを敗者の視点から問い直す連載「維新再考」。 第2部は、戊辰を必死に戦った先人たちの足跡をたどる。戦いは京都で火がついた。かつての王城の地から旅 […]

コメントなし