時代の落日・会津編

【維新再考・時代の落日】会津編1 「鶴ケ城」悲劇の幕開け

白亜五層の天守がそびえる鶴ケ城。本県を代表する観光地会津の象徴として人々を引き付けるのは、表情を持つからだろう。日の光の下の美しい立ち姿。それが夕暮れには、物悲しさが加わり、夜は静寂に包まれる。この表情の移ろいが、戊辰戦 […]

コメントなし