識者に聞く・森田健司さん

1974(昭和49)年、 神戸市生まれ。京大経済学部卒、京 大大学院人間・環境学研究科博士後 期課程単位取得退学。現在は大阪学 院大経済学部教授。専門は社会思想 史で、特に江戸時代の庶民思想の研 究に注力している。著書に「明治維 新という幻想」「江戸の瓦版」など。

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(7) 明治政府紡いだ「正史」

  江戸時代の庶民の視点から戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。まとめの第7回は江戸の庶民の心情を踏まえながら、明治政府のイメージ戦略について語っていく。 ◆歴史観、現代まで影響 戊辰戦争の諷刺 […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(6) 東北の難局、会津に期待

江戸時代の庶民の視点から戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。第6回は、戊辰戦争で東北地方が主戦場となった時期の諷刺(ふうし)錦絵をみていく。 1868(慶応4)年5月に東北と越後の諸藩が「奥羽越列藩同盟」 […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(5) 天皇や慶喜の姿勢揶揄

江戸時代の庶民の視点から戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。第5回は戦局が江戸城無血開城から東北方面へと向かう時期の諷刺(ふうし)錦絵から庶民の心情をみていく。 ◆戦局の変化、作品反映 1868(慶応4) […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(4) 無血開城、皮肉な舞台裏

 ◆激動の世、敵味方一変 江戸時代の庶民の視点から幕末や戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。第4回は、新政府軍に江戸城を明け渡した戊辰戦争の重大局面「江戸無血開城」に対する江戸の庶民の心情をみる。 新政府 […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(3) 戦争の本質、庶民も把握

◆旧幕府軍の乱れ揶揄 江戸時代の庶民の視点から幕末、戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。判(はん)じ物(もの)で表現された諷刺(ふうし)錦絵から民意を探る連載第3回は、迫り来る新政府軍に対する江戸庶民の心 […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(2) 「担がれた天皇」お見通し

◆高度な謎で薩長批判 江戸時代の庶民の視点から幕末、戊辰戦争を検証している大阪学院大教授の森田健司さん。第2回も、民の声を「判(はん)じ物(もの)」で表現した諷刺(ふうし)錦絵を取り上げ、謎解きから当時の「民意」に迫る。 […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(1-2) 平和の願い会津に託す

◆諷刺錦絵気持ち代弁  突然の暴力で平穏な日常を奪われた江戸の庶民。戊辰戦争への思いを知りたければ、同時期に発行された諷刺(ふうし)錦絵(諷刺を込めた錦絵)を眺めるのが一番だ。 そもそも江戸時代、庶民が社会に対する批判を […]

コメントなし

【維新再考・識者に聞く】森田 健司さん(1-1) 江戸っ子は幕府応援

戊辰戦争150年を前に明治維新を本県の視点から検証する連載「維新再考」。第1部「識者に聞く」は、今回から江戸時代の民衆に焦点を当て社会思想史を研究する大阪学院大経済学部教授の森田健司さんが登場する。 「新しい時代をひらい […]

コメントなし